SPARK U Total body care スプレー (スパークユートータルボディケア)

1_bg

多くの疲労による悩みを瞬時に解決!!

SPARK U Total body care スプレーはアスリートの疲労回復やパフォーマンスUP、また肩こりや首こりといった、日々の生活の中で蓄積されていく疲労を改善する事を目的に開発された商品です。

スクリーンショット 2015-05-08 0.23.552

 

SPARK U Total body care スプレー主要3大配合成分

c

プラチナは-40mvの微弱電流もち、身体のイオンバランスを正常にし、活性酸素11種類を全て除去。

その抗酸化力はCoQ10やαリポ酸を遥かに超えます。

SPARK U Total body care スプレーで使用しているプラチナは今までのプラチナ10億分の2ナノをはるかに超えた10億分の1ナノ(大学開発の倍の微粒子)!

さらに表面を覆うクエン酸皮膜を除去した、超微粒子ナノプラチナ原液でより肌に浸透!

 

スクリーンショット 2015-05-08 0.27.55

毎日追い込んだトレーニングの中で慢性の疲労と共に、酸化体となっている私たちの体を健康的な還元体に戻してくれる!

SPARK U Total body care スプレーで使用しているコラーゲンは超還元水(人体の体液と同レベルの酸化還元電位200mV)により抽出・製造された液体コラーゲンで、さらに低分子化されているため、真皮層にコラーゲンを送ることが可能に!その為、即効性、浸透性にすぐれ皮膚や細胞への再生機能効果が高く、人の体内(細胞)の老廃物の循環、代謝機能を高めます。さらにプラチナの持つ電流でイオン導入され効果倍増!

 

スクリーンショット 2015-05-08 0.28.48PastedGraphic-3

効果倍増

疲労のメカニズムとは?

人間は呼吸をする際、酸素を吸って二酸化酸素を吐きます。

その際に約2%の酸素が活性酸素に変わると言われています。

運動をしている際、多くの活性酸素が生み出され、その活性酸素が細胞を傷つける事で発生する成分がFF(ファテーグファクター)いわゆる疲労物質です。

疲労物質を除去するには血流をあげてFR(ファテーグリカバリーファクター)を生み出さなければなりません。

これが疲労物質を除去できる唯一の方法です。

 

3スクリーンショット 2015-05-08 1.08.31

なぜSPARKが疲労を根本的に解決出来る商品なのか?
▼疲労を根本的に解決する3か条

①活性酸素を除去する事

②血流をあげる事

③筋肉や腱などの傷付いた細胞を修復する事

①.活性酸素を除去
元々プラチナは厚生労働省が抗酸化作用のある食品添加物として認められており、抗酸化いわゆる活性酸素を除去できると言われています。弊社の使用しているプラチナナノコロイドは十億分の一ナノと最小の物を使用しているため皮膚の最深部まで浸透し活性酸素を一日中部分的に除去します。
②.血流をあげる

人間には元々電気が流れています。※生体電流

正常な状態ですとプラスの陽子とマイナスの電子が均等な状態で成り立っています。運動を行うと衝撃が加わりマイナスの電子が飛び出しプラスの陽子だけになります。

その状態をプラスイオンが働いてると言い、プラスイオンが働いてる箇所にSPARKをかけると(プラチナは元々-40mvの微弱電流が流れており、マイナスなのでマイナスイオン)プラスとマイナスが引き合いながら交わります。交わることで代謝が生まれ血流促進効果につながりマイナスイオンをかけることで血管が拡張する効果もあります。

③.筋肉や腱などの傷付いた細胞を修復する
ナノ化したプラチナと生コラーゲンがイオン導入することで皮膚の最深部まで浸透し基礎細胞に刺激をあたえます。刺激を与える事で体内でコラーゲンが発生し増殖したコラーゲンが修復を行います。(弊社が使用しているコラーゲンが修復を行っているわけではありません。)
疲労除去までの過程まとめ
激しいトレーニングや緊張が起きてストレスが増えてくると、 皮膚の表面や細胞の外側にプラスイオンがたくさん発生する。 体内では活性酸素が発生している状態。

活性酸素が発生することにより疲労物質であるFF(ファテーグファクター)が発生。FFを除去するにはFR(ファテーグリカバリーファクター)が必要。

プラスイオンが発生することにより、体にむくみがでて、疲労を感じるようになる。

その状態でSPARKをスプレーすると(プラチナナノコロイドのマイナスイオン)

皮膚の表面や細胞の外側にマイナスのイオンが働き、マイナスとプラスのイオンバランスが整い、人間の体の中で代謝が起きる。(血流促進)

プラチナナノコロイドと生コラーゲンが体内に浸透。

プラチナが11種類の活性酸素を除去。血流促進効果によりFRが発生しFFを除去。

さらに生コラーゲンが線維芽細胞に働きかけ、大量のコラーゲンを作り損傷を受けた細胞の修復を助ける。
使用のタイミング〜それぞれのシーンでの効果効能〜
①.トレーニング前
パフォーマンスの向上・ケガの防止

前日までの蓄積しているハリ(疲労)を取り、ウォーミングアップで新たな適度なハリを作ることでパフォーマンスアップに繋がる。また、マッサージ効果により筋肉がほぐれ可動域が広がり、ケガの防止につながる。

②.トレーニング中
パフォーマンスサポート・疲労除去

トレーニング中に疲労が溜まり疲労感を感じたら、適度な疲労除去をしてトレーニングを継続することで、オーバーワークを防ぎ、効率の良いトレーニングとなる。※試合前は、アップでせっかく作ったハリを取ってしまい筋肉が緩んでしまうので要注意。

③.トレーニング後
疲労除去・修復

最大の商品コンセプトである疲労除去・修復。1日の疲労を回復し、次の日に疲労を残さないようボディケア。

スクリーンショット 2015-05-08 1.27.31

使用方法
★まずは首から
生体電流を整える

本来生体電流が整ってないと自身の状態がわからない。ボディケアの概念から自身の体の状態を正常に認識していることは大切なことであり、それは脳からの伝達により行われるという考え方のもと、まずは電流を整え、正常な伝達を行える状態にすることを目的とし、脳からの通り道である、首にスプレーをかけるという理論。

また、生体電流を整えることで、本来の柔軟性に近づける為、体も柔らかくなる。

その後、疲労を感じる箇所へスプレー。

スクリーンショット 2015-05-08 1.34.27

使い方

多くのトップアスリートが体感

様々なジャンルのスポーツ選手にご愛用いただいています。

 

4

 

アップ前の筋肉に、プレイ中のパフォーマンスサポートに、プレイ後のケアに

長島圭一

詳細解説
活性酸素とは?
人体には活性酸素が必ず発生します。呼吸によって取り入れられた酸素は、栄養分をエネルギーにしてくれます。そのときに出るのが活性酸素です。これは呼吸をしている限り宿命的であり、安静時でも吸った酸素のうち1~4%は必ず活性酸素に変換されます。(活性酸素の定常的生成)。活性酸素の発生量は、タバコ・紫外線・過激運動・発ガン・病原菌感染・大気汚染などによって増加する(活性酸素の不定期生成)と考えられます。 活性酸素の発生量は不定期生成や老化・体力低下の場合、人体に備わった無毒化(デトックス)能力を上回ることになります。 この場合、遺伝子や細胞膜を傷害し、細胞を殺傷します。 活性酸素は、細菌やウィルスをやっつけてくれる大切な物質なのですが、多くなりすぎると、からだの組織までやっつけてしまうという性格も持っています。 また困ったことに、細胞を酸化させるという働きも持っているのです。この酸化が、病気や老化の原因のひとつであると言われています。 活性酸素は物質から「電子」を奪い酸化させます。「電子」が奪われるとどうなるか・・・? そう、マイナスが少なくなるということは、その物質はプラス状態になるのです。 細胞本来の働きを取り戻してもらいうには。マイナスイオンを取り入れ酸化を抑えることが必要となります。
プラチナナノコロイドの働き
活性酸素を除去する働きを抗酸化作用と呼び、その物質を抗酸化剤と呼びます。ビタミンCやE、コエンザイムQ10など従来の抗酸化剤は、11種類あるといわれる活性酸素のうち、特定の活性酸素しか除去できません。それに比べプラチナナノコロイドはすべての種類の活性酸素を除去する効果があるといわれています。 また、従来の多くの抗酸化剤は一度活性酸素を消去すると、その消去能力は無くなることが知られています。このため活性酸素が突発的に過剰量発生することに備えて、常時、安全な抗酸化剤を多めに摂取する対策が必要となります。 これらとは異なり、プラチナナノコロイドは、自らは変化しない「触媒」として作用する為、持続的に活性酸素を消去できるといわれています。 人体が活性酸素と戦う場は、守るべき遺伝子や生命維持システムの存在する細胞内部です。細胞に直接間接に繋がる血液中も戦場であると見なされます。 したがって、ある抗酸化剤が細胞の存在しない物質レベルだけで、いくら抗酸化作用が大きくても、人体内でその潜在力が本当に発揮されるとは限りません。すなわち、抗酸化剤が血液タンパクとの共存で活性低下せず、細胞膜を透過して毒性なく実際に活性酸素を消去することが不可欠なのです。 ヒトの細胞は大まかに10,000~20,000ナノメートルのサイズです。1ナノメートルのプラチナナノコロイドは、その数千倍のサイズの細胞にとって、エンドサイトーシスという機構で細胞内取込みを受けやすいサイズです。 プラチナは厚生労働省より使用が認められている食品添加物であり安全性は裏付けられています。一般に多くの重金属は、長期間体内に滞留することが知られていますが、プラチナナノコロイドは約1日で体外に排出されるといわれています。 この為、細胞内部や血液中がプラチナナノコロイドの守備範囲に含まれると考えます。 さらに、緊張が起きてストレスが増えてくると、皮膚の表面や体内の細胞の外側にプラスイオンがたくさん発生します。 すると、体が非常に冷たくなって、体にむくみが出て、疲れやすくなります。 こんな状態のときにプラチナナノコロイドのマイナスイオンを体に塗ると、イオン導入され、マイナスとプラスのイオンバランスが整うことにより、人間の体の中で代謝・血流促進が起きます。
イオンとは?
イオンとは、電子を帯びた目に見えない原子及び分子のことです。原子も分子も目に見えず、ピンと来ないと思いますので、右の図をご参照ください。原子の中心には原子核があり、その中にはプラスの電気を持つ「陽子」と「中性子」があります。そして原子核のまわりには、マイナスの電気を持つ「電子」がくるくる回っています。通常は「陽子」の数と「電子」の数は等しいので原子全体としては中性になっています。
プラスイオンとマイナスイオン
「陽子」は原子核の中にあり、あまり動くことはありませんが、原子核のまわりをくるくる回っている「電子」は、外からちょっとでも刺激を受けると、ポンっと飛び出してしまいます。 すると、プラスマイナスで中性の状態を保っていた原子はバランスを崩し、プラスになってしまいます。この状態をプラスイオンといいます。 では、外に飛び出してしまった「電子」はどうなるかといいますと、次にくっつく原子を見つける旅にでます。そして気に入った原子を見つけると、ポンっと入り込むのです。「陽子」よりマイナスの電気を持つ「電子」の数が多くなると、その原子はマイナスの状態になります。これがマイナスイオンです。
マイナスイオンはこうして体内に
健康なからだは、体内がマイナス電位で皮膚表面がプラス電位です。マイナスイオンは電気的性質を持ち、プラスの電気に引き寄せられるので、皮膚表面がプラスであれば、マイナスイオンを体内に取り入れやすくなります。 マイナスの電子がプラス極に引き寄せられて体内に取り入れられます。

1_02

 

商品名 SPARK U Total body care スプレー (スパークトータルボディケア)
価格 \2,916(税込)
送料 \540